あの名作『東京ラブストーリー』は、1988年に『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて連載が始まりました。単行本の売上げは累計250万部を超える大ヒットを記録!

そして、2016年1月25日発売号の同誌に『東京ラブストーリー』の25年後を描いた続編『東京ラブストーリー After 25 years』が掲載されたのをご存知でしょうか?
また、5月には、アサヒビールのキャンペーンで関口さとみと三上健一をメーンに描いた、さらなる続編が作られました。

今号では、視聴率が30パーセントを超えた最終回から25年後、50歳になった永尾完治が長女の縁談をきっかけに、再び赤名リカと会うことになるエピソードが描かれています。
作者の紫門ふみさんによれば、それらの読み切りでは収まらない無念さのような気持ちがあったといいます。また、人生における時間の流れがテーマだそうです。かつて愛し合ったふたりがどう変わったのか。変わった部分、変わらなかった部分を表現できたらいいなと思ったそうです。

あのころの恋愛といえば、すれ違いばかりだったような・・・。そんな恋をしたすべての人たちに読んでもらいたいと紫門ふみさんが描いた名作の続編! こうご期待!

続きを読む