ドクター中松の自宅(ハウス)の場所はどこ?現在2017の総資産額は?

ドクター中松 現在 2017 総資産額

日本の発明家ともいわれるドクター中松

どうやら、ドクター中松が所有する豪邸の建設費は、30億円ともいわれている!

本記事では、ドクター中松の自宅(ハウス)の場所はどこにあるのか、現在2017の総資産額はいくらなのか、ご紹介する。ぜひご覧いただきたい♪

スポンサーリンク

ドクター中松の自宅(ハウス)の場所はどこ?

ドクター中松の自宅(ハウス)の場所はどこにあるのか、気になる方は多いに違いない。

上記のTwitter画像のように、門は自身が発明したと言われているフロッピーディスクを形どった扉。

「Dr.Nakamats House」と名前も大きく書かれ、さすがは発明家っていうくらい、どうだと言わんばかりの独特な自宅だ!

住所についても、堂々と公表されていて、驚くことに自宅周辺には、

  • ドクター中松スクエア
  • ドクター中松街
  • ドクター中松通り

などと名前が付けられている。

ストリートビュー:

地図

住所:東京都世田谷区下馬 6−31−10

最寄駅は、東急東横線の「学芸大学駅」で徒歩10分くらいの距離ではないだろうか。

同じく世田谷には、「森繁久弥通り」があるのだが、有名人の自宅近辺には、そういった名前ができるのだろう。

ドクター中松の現在2017の総資産額は?

ドクター中松 現在 2017 総資産額

ドクター中松の本名は中松義郎さん。

ドクター中松のこれまでの主な実績は、

  • ヘリコプターによる農薬散布
  • 灯油ポンプ
  • スーパーピョンピョン
  • フロッピーディスクの原理を解明

フロッピーディスクについては、考案者ではないと異議を唱える人もいる。

発明件数はご自身が言うには、3000件以上で、特許取得済みは、193件(1991年当時)なんだとか。

このように発明の他にも、特許をたくさん持っているようだ。さらには、「がんばれ日本」のあのフレーズもドクター中松が考え出し、商標登録になっているとも。

ドクター中松は、特許料や印税、出演料、講演料の収入でとてつもない資産家だといえる。

世田谷に建てた豪邸はなんと、30億円もの高額な建設費が掛かっているようだ。2015年の5月には自宅内にドローンの練習場を作り、自宅のトイレに至っては、ピカピカと輝く「黄金」でできていて、1億円も掛けたと聞いている。

ということで、ドクター中松の現在2017の総資産額は、3500億円ともいわれている!

私には全く想像すらできない金額・・・。

どうしても財産の相続について気になってしまうのだが、果たしてどうなるのだろうか!? ドクター中松には、息子さんがいるようだが、そのことについてはもう話し合っているのかもしれない。

最後まで読んでいただき、ホントにありがとうございます♪

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930