遠藤日向(学法石川)の出身小学校や中学は?高校駅伝後の進路や今後に迫る


引用

2016年の全国高校駅伝で、6年連続8回目となる学法石川高校。

昨年の3区では、なんと日本人トップでたすきを繋いだのですが、
あの外国人留学生とのデットヒートは、かなり印象に残っています。
そして、学法石川高校の過去最高の7位に貢献しましたね!

今回は、遠藤日向くん(学法石川)の出身小学校や中学はどこなのか? また、高校駅伝後の進路や今後に迫ります。

ぜひ、ご覧くださいね。

スポンサーリンク

遠藤日向くん(学法石川)の出身小学校や中学などのプロフィール(経歴)

遠藤 日向
出身中学:福島県 郡山市立 郡山四中学校
身長:168cm

詳しいプロフィールは分かりませんでした。

遠藤日向くん(学法石川)の主な記録

  • 世界ユース選手権3000m
  •  5位入賞(2015)

  • 日本選手権1500m
  • 高校生ながら4位 (2016)

  • 国体少年男子A5000m
  • 連覇

  • 5000m 13分50秒51 (今春の記録会)
  • スタート前に尊敬するリオデジャネイロ五輪男子5000メートル代表の村山紘太(旭化成)から、
    「ラスト1周でペースを上げられるように」とアドバイスを受けた。
    その言葉通り、最終の鐘が鳴り響くと先頭を走るサイラス・キンゴリ(SGHグループ)を驚異的なスパートで一気に抜き去った。
    もはや国内では「高校生」の枠に収まりきらない走りを見せた。

  • U20(20歳未満)世界選手権5000m決勝 14分8秒38 13位(7月、ポーランド)
  • 全国高校総体1500m
  • 優勝

遠藤日向くん(学法石川)の高校駅伝後の進路は?

遠藤日向くんは、高校卒業後は住友電工に進みます。
監督は、1996年アトランタ五輪・長距離代表の渡辺康幸さんです。
東京五輪の出場を目指すために、大学に進学しないようですね。

東京五輪での活躍を期待しています!

遠藤日向くん(学法石川)の動画

最後に

遠藤日向くんにとって最後の全国高校駅伝になりますね。
「たすき」にどれだけの集大成の思いを込めるのでしょうか。

学法石川高校の松田和宏監督からは、エース区間の1区を任せられています。
これだけの実績があればこその信頼ですね〜

渡辺康幸さんが掛けてくれた言葉・・・
「絶対、強くなるから」
を胸に、遠藤日向くんの走りで良い流れをつくってください!
そして、学法石川高校の最高順位を期待しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

コメントを残す

*