中道博(フレンチシェフ)の経歴は?モリエールのアクセスや料金は?

ミシュランの星を6つも持つという、人気フレンチシェフ・中道博さん。

ラパンフーヅの社長である中道さんは、3つ星のフレンチレストラン「モリエール」だけでなく、3つのレストランで、一つ星を獲得している。

本記事では、中道さんの経歴や、モリエールのアクセス方法や料金についてお届けする。ゆったりとご覧いただきたい♪

スポンサーリンク

中道博(フレンチシェフ)のプロフィールと経歴をドーンと公開!

中道 博(なかみち・ひろし)
生年月日(年齢) 1952年(65歳)
出身地 北海道登別市
出身高校 室蘭栄高校

今年、ミシュラン北海道版にて3つ星を獲得した中道 博さん。

中道さんの父親は、仏壇に金箔を貼り付ける職人。幼いころから父親の仕事を手伝っていたそうで、何か感じることがあったに違いない。

料理人になりたいと思ったきっかけは、昭和の宮大工、西岡常一さんの影響が大きい。
高校2年生の時にテレビで法隆寺の改修を行う場面を見て、心が動かされた。

高校卒業後、大阪中之島にある辻学園日本調理師学校に通い、翌年、札幌グランドホテルに入社、料理人として本格的に活動。

1974年、23歳のときフランスへ渡り、3つ星レストランで修行したのだが、この時の中道さんは、「飛行機に乗るのが初めてで、フランス語は分からない」という有様。怖いものなしの状況だった。私だったら絶対ムリ♪

3年後、札幌グランドホテルで再出発。

1982年にオーストリアで開かれた「世界料理コンクール」の日本代表として出場し、なんと金賞を受賞!

33歳で札幌グランドホテルを退社し、フランス料理店「モリエール」をオープンさせた。

評判も良く、2008年の北海道洞爺湖サミットで料理を提供することとなり、素晴らしい評価を受けた。

12年と17年、北海道で唯一、ミシュランガイドで3つ星を2回も獲得した。

テレビ出演は、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」などがある。

中道さんが手がけるフレンチ料理は、素材を活かしつつ、日本人の舌に合うようにアレンジされているという。

中道博(フレンチシェフ)のモリエールへのアクセス方法や料金メニューは?

3つ星のフレンチレストラン「モリエール」の気になるアクセス方法や料金メニューをご紹介する。

「レストラン モリエール」
住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘2丁目1-1 ラファイエット宮ヶ丘1F
電話:011-631-3155

定休日:水曜日

地図:

アクセス方法:札幌市営地下鉄東西線「円山公園」駅3番出口から歩いて10分。

このお店には、もう一人の3つ星シェフ「今智行」さんもいる。

メニューは4種類あり、料金は、

  • 11,000円
  • 7,800円
  • 5,800円
  • 3,600円

となっている。

詳しくは、公式サイトをご覧いただきたい♪

その他、中道さんが北海道内で経営されているお店は4つある。順にご紹介しよう♪

「マッカリーナ」
住所:北海道虻田郡真狩村 字緑岡172-3
電話:011-631-3155

地図:

1つ星を獲得した菅谷伸一シェフが在籍している。

この真狩村は演歌歌手の細川たかしさんの故郷でもある。

「ランファン・キ・レーヴ(夢見る子供たち)」
住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園 ガラスのピラミッド内
電話:011-791-3255

「アスペルジュ」
住所:北海道上川郡美瑛町大町2丁目 美瑛選果内
電話:0166-92-5522

1つ星を獲得した加藤千典シェフが腕を振るう。
この最近、注目を集めているのがこのお店。

美瑛は、日本でも有数の観光地。以前は観光だけが目的だった人たちが、このレストランにも訪れるようになったという。

「レストラン・ビブレ」
住所:北海道上川郡美瑛町字北瑛第2北瑛小麦の丘(旧北瑛小学校)
電話:0166-92-8100

以上、レストランのミシュランの星の数は合計で6つにもなる。中道さんは、故郷・北海道の経済を発展された人物の一人に違いない。

まとめ

本記事では、中道博さんの経歴や、モリエールのアクセス方法や料金についてお届けした。

経歴を見てみると、中道さんの料理を通して、生まれ故郷を活性化させたいという気持ちが伝わってきた。モリエールのアクセス方法や料金をチェックして、ぜひ足を運んでみませんか?

最後まで読んでいただき、ホントにありがとうございます♪

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031