いきものがかり活動休止の理由は不仲!?復帰の時期、解散の可能性に迫る

つい先日行われた2016年の「NHK紅白歌合戦」にも出場し、さらなる活躍も期待されていた、あの大人気音楽グループ「いきものがかり」

2017年1月5日、公式サイトで突然活動を休止することを発表しました!
なぜ活動を休止することになったのでしょうか?

「いきものがかり」の活動休止の理由と、解散の可能性などについて詳しく紹介します。

スポンサーリンク

いきものがかり これまでに活動休止はあったのか?

「いきものがかり」は、昨年2015年3月にデビュー10周年を迎えたのですが、これまでに活動休止はあったのでしょうか?

「いきものがかり」が結成されたのは1999年。
実はその年から1年間ほど、メンバーの水野良樹さんと山下穂尊さんは、大学受験のため活動を休止していました。

2002年、メンバー全員が大学に進学し活動の再開を試みたのですが・・・。
当時、音大に通っていた吉岡聖恵さんが厳しい練習が理由で、活動は再開できませんでした。
そしてついに吉岡聖恵さんが、活動できることになり、2003年に活動が再開されました!

なので、「いきものがかり」はこれまでに1度活動を休止したことがあったんですね。

いきものがかり 活動休止の理由は?

下記は、「いきものがかり」の公式サイトで発表された活動休止の宣言です。
所属事務所を含めたチーム全体で、「放牧宣言」と言っています。

10年間、
3人で一生懸命に頑張ってきたので、

ここらで一度、
メンバーそれぞれ、
自由になってみようと思います。

好きなことをやってみたり、
新しいことをはじめてみたり、
ぼーっとゆっくりしてみたり、
行ってみたかったところへ旅に出てみたり。

それぞれの未来を、もっと広げるために。

3人の物語を、もっと長く、

もっと楽しく、続けるために。

いきものがかり放牧宣言。

ここでひとまず「今まで、ありがとう。」
そして「これからも、よろしく。」

いきものがかりは3人が帰って来る場所です。
またみなさん笑顔で、会いましょう!

それでは行ってきます。

放牧!

いきものがかり 水野良樹・吉岡聖恵・山下穂尊

以上、公式で発表された放牧宣言でした。

一時的に活動を休止すると思いきや、所属事務所活動休止を否定し、メンバーが

「リフレッシュのために一旦各自のペースでメンバーそれぞれの可能性を伸ばすことを目的とした期間」
「この新しい一歩をどのように伝えるか、チーム全体で考え、『放牧』と表現することに致しました」と説明。「これより一度、3人はそれぞれに自由な活動をしてまいりますが、彼らの帰る場所がいきものがかりであることに変わりはありません。より皆様に愛していただける存在へと成長するための大切な時間だと考えております」

と理解を求めています。

これからは「いきものがかり」ではなく、個人での活動をされるわけですね。
しかしなぜ、グループではなく、個人を優先にしたのでしょうか?
ひょっとしたら、グループ間で不仲があるのでは? と、疑いも生じてきます。

「いきものがかり」として今まで10年間、常に3人が共に過ごしてきて、何かトラブルでもあったのかもしれません。
なので、一旦、「いきものがかり」から解放(放牧)して新鮮な空気を吸いながら、新たな気持ちで個人活動に取り組むのでしょうか?

いきものがかり 活動復帰の時期は?

活動休止期間は1年以上の長期が予想されますね。
なので、そのまま「いきものがかり」が解散してしまうのではないかと心配するファンもいるのではないでしょうか。

いきものがかり 解散の可能性は?

ひょっとすると解散するのでは? と気になっていたのですが・・・。

先ほどの「放牧宣言」にあった、

ここでひとまず「今まで、ありがとう。」
そして「これからも、よろしく。」

いきものがかりは3人が帰って来る場所です。
またみなさん笑顔で、会いましょう!

とあるので、「いきものがかり」の解散の可能性はないのではないかなぁ、と思います。

[関連記事] いきものがかりのメンバー・山下穂尊さんについての記事はこちら。よかったらどうぞ、お読みください♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


超いきものまつり2016 地元でSHOW!! 〜厚木でしょー!!!〜(初回生産限定盤)【Blu-ray】 [ いきものがかり ]


超いきものまつり2016 地元でSHOW!! 〜海老名でしょー!!!〜(初回生産限定盤)【Blu-ray】 [ いきものがかり ]



スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

コメントを残す

*