林 奎介(青山学院大)の出身中学と高校は?箱根駅伝と今後に迫る

青山学院大学の復路第7区は、2年生の林 奎介くんが走ります。

第7区というのは、距離が21.3キロあります。小刻みなアップダウンがあるのですが、全区間の中では最も走りやすいと言われています。
箱根駅伝本番まで、万全の準備を進めてもらいたいですね。

そこで今回は、林 奎介くん(青山学院大)の出身中学と高校、箱根駅伝と今後に迫ります! ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

林 奎介くん(青山学院大)の出身中学と高校などのプロフィール(経歴)

林奎介(はやし けいすけ)
生年月日:1996年 12月24日
年齢:20歳
身長:174センチ
体重:59キロ
出身地:千葉県 柏市
血液型:A型
モットー:継続は力なり
出身中学:豊四季中学校
出身高校:日体大 柏高校
     青山学院大学 理工学部 機械創造工学科 2年

[自己ベスト]
  • 5000m:14分18秒24(大学2年)
  • 10000m:29分15秒58 (大学2年)
  • ハーフマラン:1時間03分52(大学2年)

林 奎介くんは高校1年生の時に、「第63回全国高校駅伝競走大会」に出場しています。
また、高校3年生の時には、「関東高校陸上競技大会男子5000m」で、14分42秒84 の記録で8位入賞しています。

5000mの記録でその当時と現在を比べると、かなり速くなっています。
今後も林 奎介くんのモットーのように継続は力で、努力を積み重ねていき、さらに記録を伸ばしていってもらいたいです。

林 奎介くんは2016年、出雲駅伝、全日本駅伝には出場していません。
過去に箱根駅伝の出場経験もありません。
なので、2017年の大会が初出場となります。

林 奎介くん(青山学院大)の母校、日体大柏高校とは?

林 奎介くんの母校である日体大柏高校とは一体、どんな高校なのか調べてみました。

日本体育大学柏高等学校は、1960年に設立されました。
千葉県 柏市 戸張にある男女共学の私立高等学校です。
この地域での通称は、日体(にったい)と呼ばれているそうです。2016年4月から、柏日体高等学校から、現校名に変更になりました。

部活動が盛んで、千葉県内では、

  • 空手部(全国優勝しています)
  • サッカー部(1986年にインターハイに出場しています)
  • 野球部(第94回 全国高等学校野球選手権大会 千葉大会に準優勝しています)
  • 陸上競技部(駅伝・走り高跳び・棒高跳びなど)
  • ダンス部(チアダンス競技)
  • ラグビー部
  • 男子バスケットボール部

などが強豪校として知られています。
また、サッカーの柏レイソルユースの活動を総合的にサポートしていまして、柏レイソルユースに所属する多くの選手が、日本体育大学柏高等学校の生徒として在籍しています。

[著名な卒業生] サッカー選手
柏レイソルU-18出身
工藤壮人さん以外にもたくさん卒業生がいますね〜。
あと、驚いたことに、 TRFのメンバーであるDJ KOOさんが、ラグビー部所属として載っていました。
こちらの高校で、ラグビーをされていたんでしょうね。
なんとキャプテンを務められていて、ポジションはスタンドオフだったとか。

芸能界というのは、上下関係などがすごく厳しいと聞きます。
そんな世界に今までずっと生き抜いてこられたのは、日本体育大学柏高等学校で鍛えれたからかもしれません。

DJ、タレントである DJ KOOさんの公式ブログはこちらです。よかったらどうぞ!

林 奎介くん(青山学院大)の動画

最後に

林 奎介くんは箱根駅伝が初出場となりますが、自分らしさを忘れずに走ってもらいたいです。

2017年の箱根駅伝には、2016年の前回大会を経験したメンバーが6人ともエントリーされています。
順調に行けば、青学大の3連覇は確実でしょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

コメントを残す

*