小林麻央・みたまうつしの儀とは?場所はどこで?天理教なのか検証

小林麻央

6月25日、市川海老蔵さんが自身のブログ内で、小林麻央さんの通夜が無事に終了したと報告されていた。

そのブログには、「みたまうつしの儀を終えた」と記されていたのだが・・・。この「みたまうつしの儀」、一体どういった儀式なのだろうと多くの方が疑問に思っているのではなかろうか?

というわけで、本記事では麻央さんの「みたまうつしの儀」とは一体どういったものなのか? 場所はどこで行われるのか? 麻央さんは天理教の信者なのかどうか検証してみた。ぜひご覧いただきたい♪

スポンサーリンク

小林麻央の「みたまうつし」の儀とは?

残念ながら、乳がんで亡くなられた小林麻央さん。

海老蔵さんが、自身のブログで、麻央さんの通夜が無事に終了したと25日の15時頃に報告している。

みたまうつしの儀をおえ
NEW!2017-06-25 17:16:14
帰宅。
娘も倅もみたまうつしの儀に参列しました。

引用:http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-12286857437.html

喪主だった海老蔵さんは、25日まで歌舞伎の公演が続いていたので、この日になったと考えられる。

みたまうつしの儀とは、どういった意味があり、儀式なのか調べてみると・・・

仏式でいう通夜にあたる「通夜祭」と同時に行われるという。漢字で「御霊遷し(みたまうつし)」と書く。

夜に行われ、部屋を真っ暗にするそうだが、ろうそくなどの明かりは灯すという。

亡くなった方の御霊(みたま)を神様にお返しするといった儀式のようだ。そうすることで、小林麻央さんのを魂が神様にお返しされるのだろう。

別名で「遷霊祭」と呼ばれる。

みたまうつしの儀では、祭主が遷霊詞を述べた後に掛け声をあげるという。

遷霊詞とは、お経と違い、祭主が「このような者がそちらへ向かう」といった内容で生前の経歴などを伝えるため、一般の参列者でも内容が理解しやすいのだとか。

みたまうつし、神葬祭です。
前に参列したことがあるけど、このような人間がそちらに行きますって人生歴を神職が奏上するから、お経と違って内容がよくわかって興味深かった。

— かさね (@k_ama312) June 25, 2017

2人の子供たち(麗禾ちゃん・勸玄くん)も参列したようだが、まだ小さいので意味が理解できなかったと思うが、記憶には残っているはずだろう。

[関連記事]

みたまうつしの儀って場所はどこで行われた?

みたまうつしの儀は、いつどこの場所で行われたのだろうか。

どうやら、日にちは26日で、場所は小林麻央さんの自宅だという。

自宅は東京・渋谷区代々木の代々木公園近くにある高級マンションである。報道陣も殺到したようだ。

みたまうつしの儀が終わると次は?

みたまうつしの儀が終わると、次に行われるのが、「葬場祭(そうじょうさい)」

仏式で言うと「葬儀や告別式」にあたる。

通夜祭や遷霊祭は、親族のみで行われ、葬場祭は一般の方も参列できるという。葬場祭のあとは出棺、火葬が行われることになる。

市川團十郎さんの神式葬儀とは?

海老蔵さんの父にあたる12代目・市川團十郎さんは、2013年2月3日、66歳で肺炎のため亡くなられた。

その際の神式葬儀をまとめてみると・・・

2月5日 通夜祭
2月6日 葬場祭と葬儀
2月27日 本葬(青山葬儀所)

2月6日は目黒区にある自宅で、親族により密葬で行われた。「瑞垣珠照彦命(みずがきたま・てるひこのみこと)」の諡号。

葬場祭は、海老蔵さんが喪主として行われた。尾上菊五郎さんなどの歌舞伎関係者や、小泉純一郎元首相などが参列されている。

諡号とは?

諡号(しごう)は、神道では「おくりな」と言われ、仏教でいう「戒名」や「法名」のこと。

麻央さんに贈られた諡号は何なのかと注目が集まっている。きっと立派な名前なのだろう。みたまうつしの儀が行われた際に、贈られているので、すでに決まっているはず。

小林麻央は天理教なのか検証してみた!

小林麻央 天理教 画像
みたまうつしの儀とは、調べてみると「天理教」の儀式らしい。じゃあ、小林麻央さんは天理教の信者だったのか? なんて思ったのだが、どうやら違うようだ。

初代・團十郎さんから、市川宗家は成田山新勝寺での御披露目を行っていたため、仏教徒と思われている。でも、神習教になったのは、9代目・團十郎さんが神道教師となってから。海老蔵さんも神習教のはず。

市川家が前々から神習教だと思っていたのだが、違うということが分かった。また、みたまうつしの儀は天理教の儀式とは関係がないようだ。

麻央さんも神道の儀式として、魂(みたま)を祀り「みたまうつしの儀」が行われた。

まとめ

本記事では、小林麻央さんの「みたまうつしの儀」とは一体どういったものなのか? 場所はどこで行われるのか? 麻央さんは天理教の信者なのか検証してみた。

みたまうつしとは、漢字で「御霊遷し」と書き、仏式でいう通夜にあたる「通夜祭」と同時に行われるようだ。麻央さんの「みたまうつしの儀」の場所はどこで行われたのか、気になる方が多かった。場所については、麻央さんの自宅で6月26日に行われたという。

みたまうつしの儀とは、「天理教」の儀式らしいが、麻央さんは天理教の信者ではないようだ。

みたまうつしの儀などについて、分かっていただいただろうか。少しでも分かっていただけると嬉しい。

最後まで読んでいただき、ホントにありがとうございます♪

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031