冨田真由さん刺傷事件の判決内容は?本人のコメントとネットの反応は?【速報】

昨年5月に東京都小金井で起きた冨田真由さんをナイフで襲った刺傷事件。2月28日、東京地裁 立川支部の裁判員裁判で、岩埼友宏被告に対する判決がついに決まった。

そこで、この事件の判決内容や、岩埼被告人の最終陳述、冨田さんの判決内容に対してのコメントなどをご紹介する。ぜひ、ご覧いただきたい。

スポンサーリンク

冨田真由さん刺傷事件の判決内容は?

事件当時、冨田真由さん(21)は女子大生で音楽活動を行っていた。殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、無職、岩埼友宏被告(28)に首や胸、背中など34カ所も刺された。一時意識不明になったのだが、命には別状はなかった。亡くなられてもおかしくないくらいで、本当に奇跡的だ。しかし、今も、心的外傷後ストレス障害(PTSD)で、体の傷など癒えていない容態だという。

被害者の冨田真由さん側は、「無期懲役」を望んでいるのだが、その残酷な刺傷事件の判決内容は、

懲役14年6か月

の判決が下りた。

検察の求刑懲役は17年だったのだが、それよりも短いので驚いてしまう。岩埼被告人の内省が深まっていないのだが、「一応は謝罪の言葉がある」ことや、初犯であることから、この判決が下りたようだ。

岩埼友宏被告人の最終陳述とは?

前回期日では、岩埼被告人が冨田さんの意見陳述中に、暴言を吐いたため、退廷を命じられた。そのために、陳述はできていなかったのだ。

この日、岩埼被告人は、黒っぽいスーツ、濃い青色のネクタイを着用し、証言台で、用意したメモを左手に持ち、ハキハキと読み上げたそうだ。最終陳述の要旨はこのようなものだった。

この度は、冨田真由さんやそのご家族らにご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。刑務所で償います。

前回の陳述では大声を出して、冨田さんに怖い思いをさせてしまいました。心から反省しています。

二度と冨田さんに近づかない、二度と冨田さんにかかわらないことをこの法廷で誓います。

刑務所では忍耐力をつけ、真っ当な人間になりたい。罰をまっとうしていきます。

ただし、起訴事実のうち、事実と異なる部分があります。殺意と殺害の目的でナイフを持っていたことは否定します。

引用:https://www.bengo4.com/c_1009/n_5764/

岩埼被告の殺意がなく、このような事件を起こしたことが、未だに信じられないのだが、冨田さんを刺した理由についてこう話している。

「なぜかは分からない。拒絶の態度を取られて、絶望や悲しみ、怒りを感じた」

岩埼友宏被告人がナイフを購入し、持っていた理由とは?

岩埼被告は、この事件の約1週間前にナイフを購入していたそうだ。購入した理由については、このように説明していた。

「(冨田さんに)直接会って話せるか分からないので、(自分が)逃げ出さないように、精神的な支えとしてお守り代わりに買った」

岩埼被告は、とても気の弱い性格なのではないだろうか。顔写真(画像)を見ると、とても怖い顔をしているのだが・・・。それにしても、こういう理由でナイフを買って、持ち歩くなんて、本当に信じられない・・・。殺害しようという気持ちは、全くなかったのか? 誰もが疑ってしまう。

冨田真由さんの判決内容に対してのコメントは?

冨田真由さんは、弁護士から判決内容を聞くと、しばらく沈黙したあと、こうつぶやいたそうだ。

「懲役17年でも短いと思っていたのに」

今は、このあとの言葉が出ない状態。しばらくたってからより詳しいコメントが出されると思う。

冨田真由さん刺傷事件のネットの反応は?

冨田真由さん刺傷事件について、ネットの反応はどうなのか? 気になるので、調べてみた。

https://twitter.com/form_corruption/status/836453492688478208

Twitterを見てみると、判決内容に不満のある方が、やはり多いことが分かる。冨田さんや、冨田さんのご家族、関係者にとっては本当に悔しい判決だろう。今、現在どう思われているのか、想像してみると、とても痛ましい気持ちになる。少しずつでも元気な姿を取り戻してほしいと思う。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

コメントを残す

*