工藤有生(駒沢大)の出身中学と高校は?箱根駅伝や今後に迫る

2年連続で箱根駅伝に出場している駒沢大学の工藤有生くん。

今回は、工藤有生くん(駒沢大)の出身中学と高校、箱根駅伝や今後に迫ります! ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

工藤有生くん(駒沢大)の出身中学と高校などのプロフィール(経歴)

工藤 有生(くどう なおき)
生年月日:1995年9月5日(21歳)
出身地:広島県東広島市
小学校:東広島市立高屋西小学校
中学:東広島市立高屋中学校(高屋中学出身の著名人:TBSの久保田智子アナウンサー)
高校:広島県立世羅高等学校(全国高校駅伝やインターハイに出場経験がありません。)
身長:177cm
体重:55kg
血液型:O型
趣味:カラオケ
駒沢大学 法学部 政治学科 3年

❀自己ベスト

  • 5000m 13分52秒97 (2015年)
  • 10000m 28分23秒85(2015年)
  • ハーフマラソン 1時間01分25秒 (2016年)

全国男子駅伝
2016年全国都道府県対抗駅伝 駒澤 7区10位 38.34 広島02位

出雲駅伝
2014第26回大会 区台風により中止
2015第27回大会 3区04位 24.40 駒澤03位
2016第28回大会 3区05位 25.16 駒澤05位

全日本大学駅伝
2014第46回大会 5区02位 34.09 駒澤01位
2015第47回大会 2区02位 37.52 駒澤03位
2016第48回大会 1区03位 43.47 駒澤04位

箱根駅伝
2015年第91回大会 4区02位 0.54.31 駒澤02位
2016年第92回大会 2区04位 1.08.04 駒澤03位

工藤有生くんの駒沢大学を選んだ理由は?

工藤有生くんは、「陸上選手として上を目指していきたい」と思い、駒沢大学の進学を決めました。

入学直後に左足のスネをケガしてしまい、苦難のスタートでした。
しかし、大八木監督の「高校時代に負けた同級生たちに、大学で見返してみろ!」と言われ、工藤有生くんは発奮します。

それからは夏合宿など厳しい練習を積み重ね、記録を伸ばしていきました。
大八木監督には、「夏を過ぎて彗星のごとく、一気に来た。面白い存在」と言わせるほどでした。

46回全日本大学駅伝の5区を走り2位になり、91回箱根駅伝では4区を走り区間新記録を出しますが・・・。
後から来た青山学院大学の田村和希くんに区間新記録を更新されてしまいました。なんとも、46秒間だけの区間新記録でしたね。
92回箱根駅伝では、花の2区を任され、1区で出遅れていたのですが、13位から6位まで順位を上げる大活躍でした。

工藤有生くんは、「正直、箱根は4年間でどうにか走ることができればと思っていたので、こんなに伸びるとは自分でもびっくりしています。」と言っています。
工藤有生くんは、現在3年生ですが、まだまだ伸びるのを楽しみにしています。

青山学院大学には小野田勇次選手がいるんですが、「入学当初は、4年間で3大駅伝を1回ずつ走れればいいと思っていた」と、工藤さんと似たようなことを言っていました。

工藤有生くん(駒沢大)には双子の弟と姉がいる!?

工藤有生くんには双子の弟がいるそうですね。
しかし、陸上はしていないそうです。その他、詳しいことは分かっていません。

駅伝選手にはなぜか、双子の人が多いですね。たとえば、

  • 市田孝さん宏さん
  • 設楽啓太さん悠太さん
  • 村山謙太さん紘太さん
  • 柏原竜二さん

工藤有生くんの陸上をはじめたきっかけがお姉さんなんです!

また、工藤有生くんのツイッターを見ると、お姉さんが2人いることが分かりました。

最後に

駒沢大は、毎年のように起こるアクシデントが不安ではあるんですが・・・
有終の美を飾ってもらいたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

コメントを残す

*