ムソニ・ムイル(創価大)の出身中学と高校は?箱根駅伝や今後に迫る

ムソニ・ムイル選手は現在、創価大学1年生。
2015年10月に行われた箱根駅伝予選会で、ムイル選手は全体の個人4位という好成績を残しました。

その結果、創価大は予選会でも第3位となり、本大会出場を決めました。
ムイル選手の走り次第では、創価大に上位を伺うチャンスが十分にありますね。

今回は、ムソニ・ムイル(創価大)の出身中学と高校、箱根駅伝や今後に迫ります! ぜひご覧ください。

続きを読む

館澤亨次(東海大学)の出身中学と高校は?箱根駅伝や今後に迫る

2017年の箱根駅伝では、1年生ながら要注目の選手が多いんです。やはり、2020年の東京オリンピックを目指して大学に入学していると思いますね。なので、個々のスキルがホントに高い!

さて、東海大の1年生にして、実力が半端なく上級生をあっと言わせるほどの選手がいます。その名は、館澤亨次くんです。
そこで今回は、館澤亨次くん(東海大学)の出身中学と高校、箱根駅伝や今後に迫ります! ぜひご覧ください。

続きを読む

櫻岡駿(東洋大)の出身中学と高校は?箱根駅伝後の進路や今後に迫る

2017年、新春に行われる箱根駅伝では、東洋大学の4区を走る櫻岡駿くん。
東洋大学の三本柱とも言われている、同級生の口町亮くんと服部弾馬くんと共に王座奪還を目指します!

そこで今回は、櫻岡駿くん(東洋大)の出身中学と高校、箱根駅伝後の進路や今後に迫ります! ぜひご覧ください。

続きを読む

パトリック・ワンブイ(日大)の出身中学と高校は?箱根駅伝や今後に迫る

パトリック・ワンブイ選手は現在、日本大学2年生。

同じ日大には、キトニー選手が2年連続で箱根駅伝の5区を走っているので、パトリック・ワンブイ選手のエントリーはないだろうと思っていました。

しかし、7月に行われたホクレン網走でパトリック・ワンブイ選手は、10000メートル27分54秒98と自己ベストを更新しました。ホントに能力の高い選手ですね。ちなみに、このタイムは今季在籍している全学生の中でトップの記録です。

なので、キトニー選手や山梨学院大学のエース・オムワンバ選手を上回るわけですね。

さらには、日本インカレ10000メートルでキトニー選手との直接対決も制し、優勝を勝ち取っています!

そこで今回は、パトリック・ワンブイ(日大)の出身中学と高校、箱根駅伝や今後に迫ります! ぜひご覧ください。

続きを読む

口町亮(東洋大)の出身中学と高校は?箱根駅伝後の進路や今後に迫る

2017年、新春に行われる箱根駅伝では、東洋大学の1区を走る口町亮くん。
東洋大学の三本柱とも言われている同級生の櫻岡駿くんと服部弾馬くんと共に王座奪還を目指します!

そこで今回は、口町亮くん(東洋大)の出身中学と高校、箱根駅伝後の進路や今後に迫ります! ぜひご覧ください。

続きを読む

貞永隆祐(青山学院大)の出身中学と高校は?箱根駅伝と今後に迫る

新春恒例の日本中が注目する大イベント2017年箱根駅伝。
今大会で93回目になるんですね〜。

大学3大駅伝の3冠と箱根駅伝3連覇を狙う青山学院大学の5区を任されたのが貞永隆祐くん。

前回大会の2016年は「山の神」神野大地選手が2連覇に大きく貢献しました。

青学大は神野大地選手の抜けた穴をどう埋めるのかに注目され、5区をクリアし是が非でも3連覇をもぎ取りたいところですね。
その5区を任された貞永隆祐くんに大きく期待がかかります。
大会本番まで万全の準備を進めてもらいたいですね。

そこで今回は、貞永隆祐くん(青山学院大)の出身中学と高校、箱根駅伝や今後に迫ります! ぜひご覧ください。

続きを読む