高江麗央(東福岡)の出身中学は?高校サッカーと今後の進路に迫る

第95回全国高校サッカー選手権大会に出場する東福岡高校。
前回大会の選手権優勝校、東福岡には多くの注目選手がいます。
今大会の注目選手は、高江麗央選手です。

そこで今回は、高江麗央選手(東福岡)の出身中学、高校サッカーと今後の進路に迫ります! ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

高江麗央選手(東福岡)の出身中学などのプロフィール(経歴)

高江麗央(たかえ れお)
【生年月日】:1998年6月27日(18歳)
【出身地】:熊本県
【身長】:173㎝
【体重】:62㎏
【高校】:東福岡
【ポジション】:MF
【背番号】:11

高江麗央選手は幼小期、ソレッソ熊本・熊本ユナイテッドSCに所属していました。
中学時代はロアッソ熊本のジュニアユースでした。
東福岡へ入学した理由は、「自分自身を強くするために厳しい環境に身を置きたかった」からです。

高江麗央選手(東福岡)の所属していたロアッソ熊本とは?

ロアッソ熊本は、2005年に創設された熊本県 熊本市にある「うまかな・よかなスタジアム」をホームとする、Jリーグに加盟するプロサッカークラブです。

  • クラブカラーは赤。
  • うまかな・よかなスタジアムの収容人数は、32,000人です。
  • 練習場は熊本県民総合運動公園、水前寺競技場などを使用しています。
  • 運営法人は、株式会社アスリートクラブ熊本です。
  • ロアッソ熊本公式サイト

高江麗央選手(東福岡)の母校、東福岡高等学校とは?

東福岡自彊館中学校(じきょうかん)・東福岡高等学校は、1955年(昭和30年)11月10日に設立されました。
福岡県福岡市博多区東比恵二丁目にある、私立男子中学校・高等学校です。
学校法人 東福岡学園が運営しています。全日制普通科なんですね。
過去の名称は福岡米語義塾、九州貿易専門学校です。

在籍生徒数は九州トップクラスで、多くの卒業生は地元の私立大学にが進学するそうです。
部活動が盛んなスポーツ名門校で、サッカー部ラグビー部が特に活躍しています。
スクールカラーは緑で、地元では東(ひがし)と略されることが多いそうです。
校訓は「努力に勝る天才なし」「意志あるところ道あり」
2016年に公開された「オオカミ少女と黒王子」の撮影に使われたそうです。

グラウンドは、九州の高校では初めての全面人工芝です。(広さはヤフードームグランドの約1.7倍)
誰もが驚くほどの素晴らしい施設ですね。

[サッカー部の歴史]
サッカー部の過去の成績には、目を見張るものがあります。
1997年、公式戦52戦無敗という今までに聞いたこともない偉業を成し遂げているんです!
同年、史上初の高校三冠(夏のインターハイ、全日本ユース、冬の国立)を達成。
ユニフォームの色が赤なので、「赤い彗星」と呼ばれるくらいの異名を持っていますね。
現在の監督は、アビスパ福岡に所属していた森重潤也さんが務めています。

[世界・主要全国タイトル]
  • サニックス杯国際ユース1回
  • インターハイ3回
  • 選手権3回
  • 全日本ユース1回
  • FBS杯1回

計9回です。
2016年、インターハイと選手権の2冠を達成しました。

[著名な出身者]
芸能関係では、
黒瀬純(よしもと所属:パンクブーブー)

野球選手では、
村田修一 (巨人)
など多数出身者がおります。

その他の分野では、
佐々木健介(プロレスラー)

高江麗央選手(東福岡)の今後の進路は?

現在、高校3年生の高江麗央選手。
卒業まで残りわずかですね。卒業後の進路は?

すでに進路が決まっていまして、2016年9月15日、J1のガンバ大阪に決まっています。
成績が上位のガンバ大阪からの内定をいただいて、すごいです!

高江麗央選手は、

『1日でも早くチームに貢献できるように日々努力してまいります』

と、コメントしているので、ぜひ貢献できるような力を身につけてほしいですね。

最後に

高江麗央選手にとっては、2017年の高校選手権は最後の大会になりますね。
ぜひとも、東福岡高校の2連覇を達成し、有終の美を飾ってもらいたいと思います!

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。



スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

コメントを残す

*