リカルドロドリゲス(ボクシング)の戦績と強さは?井上尚弥の勝敗予想

5月21日に行われる井上尚弥の世界戦。

この対戦相手となるのが、リカルド・ロドリゲス

この記事では、リカルド・ロドリゲスにスポットを当ててみた。

リカルド・ロドリゲスの戦績と強さ、井上の勝敗予想についてお届けする。ぜひご覧下さい♪

スポンサーリンク

リカルド・ロドリゲス プロフィールと経歴

リカルド・ロドリゲス
生年月日(年齢) 1989年8月2日(27歳)
国籍 アメリカ
身長 160.5
リーチ 166
脈拍 102/min
  • WBOスーパーフライ級 2位
  • WBOラテンアメリカスーパーフライ級王座を3度防衛中。

接近戦がラフで上手いと言われている。

リカルド・ロドリゲス 戦績と強さは?

リカルド・ロドリゲスの気になる戦績と強さはどうなんだろうか。

戦績37試合 16勝(5KO)3敗

井上尚弥が世界戦で唯一KOできなかったデビッド・カルモナと接戦を演じている。

結果的に判定で負け、強烈なボディや、フックがあるわけではなく、どうしても決め手に欠くのではないだろうか。

リカルド・ロドリゲス 井上尚弥の勝敗予想は?

井上尚弥は、昨年の暮れに行われた元WBA王者の河野公平にKO勝ちした。

スーパーフライ級では敵なしと言える。

リカルド・ロドリゲスの戦績は、井上と差はないのだが、井上のKO率がやはり、ずば抜けている!

井上の体格については・・・

  • 身長は163.5
  • リーチは171
  • 脈拍は76/min

体格も優れている。

リカルド・ロドリゲスは、接近戦に持ち込めば井上に勝てると挑んでくるだろう。

井上は接近戦でもビックリさせることができるのか、とても見応えがある。

勝敗予想は井上が優位とみている。

まとめ

この記事では、リカルド・ロドリゲスにスポットを当ててみた。

戦績と強さ、井上尚弥の勝敗予想についてお届けしたのだが、どうだっただろうか。

5月21日に有明コロシアムで行われる井上の世界戦。

ぜひ、勝利をあげて、5度目の防衛を達成してほしい! そして、アメリカからオファーが届いているようで、9月の次戦も期待したい。

最後まで読んでいただき、ホントにありがとうございます♪

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031