定番の邦楽クリスマスソング厳選7選【まとめ】

クリスマスソングって、た〜くさんありますよね。クリスマスの日にこの歌を聞きたい! っていうのが誰しもあるのではないでしょうか。

また、クリスマスソングって、男女間の『恋愛』をテーマにしたものが多いですよね。それだけに、この時期が二人のこれからの未来に重要であることを象徴しているようです。また、毎年定番曲が流れるのも、それらの楽曲が秀逸だからではないでしょうか。

そこで今回は、様々ある、この季節のスタンダードの中でも、とても根強い人気の定番の邦楽クリスマスソング7選をご紹介します! 曲名を目にしただけで、ウルウルくる人もいるかもしれない・・・。ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

定番の邦楽クリスマスソング7選

1. 「クリスマス・イブ」 (1983年)山下達郎

榮倉奈々出演、山下達郎「クリスマス・イブ」特別映画版PV
1988年、JR東海のCMに起用されたことで話題となり、以来クリスマスの定番曲として、20年以上愛されています。やっぱり、この曲は外せないでしょ!

2. 「恋人がサンタクロース」 (1980年)松任谷由美

松任谷由美の10枚目のアルバム『SURF&SNOW』の中の1曲。映画『私をスキーに連れてって』の劇中歌として使われたのだが、シングルカットされていないんですよね。松田聖子、奥居香、島谷ひとみがカバーしています。ユーミンの甘〜い歌声にメロメロです^^

3. 「クリスマスキャロルの頃には」 (1990年)稲垣潤一

1992年、TBS系ドラマ『ホームワーク』の主題歌に起用されました。実は稲垣氏自身は、クリスマスになると、あちこちで自分の曲が頻繁に流れるため、スーパーに買い物にいけないと漏らしていたことがあるんです。この曲も外せないでしょ!

4. 「サイレント・イヴ」 (1990年)辛島美登里

TBS系ドラマ『クリスマス・イブ』の主題歌に起用されヒットしたんです! この曲は“女性の失恋”を歌っていて、とてもシリアスな歌なのです。辛島さんの歌声に鳥肌もんです!

5. 「メリクリ」 (2004年)BoA

14枚目のシングル曲。日韓同時発売で、韓国版のタイトルは「Merry-Chri」。ハイトーンボイスに鳥肌立ちますね^^

6. 「いつかのメリークリスマス」 (1992年)B’z

発売当初はミニアルバム『FRIENDS』の収録曲であったが、高い人気を誇る楽曲となり、後にさまざまなバージョンが発売されることとなります。この歌は何度聴いてもぐっときます。とっても映像的というか映画的というか、本当にいい歌です!

7.「サンタが町にやってくる」(1934年) 「みんなでたのしいクリスマス」より日本語ver.

ヘヴン・ギレスピー作詞、フレッド・クーツ作曲によるクリスマスのスタンダード。ジャクソン5、ブルース・スプリングスティーンによってカバーされ、原曲・カバーともにいまだに高い人気を誇っています。弾む感じで心が和みますね^^

最後に

以上、人気のある定番の邦楽クリスマスソング7選をご紹介しました! どうでしたか? 私の場合、懐かしさのあまり歌を聞いて感動したり、鳥肌が立ちました^^ ぜひ、クリスマスの日に聞いてみてはどうでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

コメントを残す

*