上田利治の死因(病名・病気)は?葬儀・告別式・お別れ会は?ネットの反応

7月2日、阪急(現オリックス)や日本ハムの監督を務めた上田利治さんが亡くなられたことが分かった。

80歳だった。

上田さんの訃報により、プロ野球界に大きな影響を与えるだろう。

どんな死因(病名・病気)だったのか、葬儀や告別式、お別れ会はどうなるのか、また、ネットではどういった反応があるのか、迫っていく。

スポンサーリンク

上田利治さんの死因(病名・病気)は?

上田利治さんが7月1日、午前2時55分に川崎市の病院で亡くなられたことが、7月2日に分かった。

病名は、肺炎。

上田利治さんの訃報によるネットの反応は?

それでは、上田利治さんの訃報によるネットの反応を見ていく。

上田さんを惜しむ言葉がやはり多かった。

上田利治さんの葬儀や告別式はいつ、どこで?

上田利治さんの葬儀・告別式の日程は、6日午前10時から公益社会館たまプラーザで行われる。

喪主は妻の勝子さん。

公益社会館たまプラーザの住所は、横浜市青葉区美しが丘2-21-4

上田利治さんのお別れ会はいつ、どこで?

上田利治さんのお別れ会は、今のところ開かれるか決まっていないようだ。

ファンとしては、上田さんの数々のプレーとともに、生涯や思い出を振り返ることができるといいのだが・・・。

上田利治さんのプロフィールと経歴

上田利治(うえだ・としはる)
生年月日(年齢) 1937年1月18日(80歳)
出身地 徳島県海部郡(現・海陽町)
出身高校 海南
出身大学 関西大学
身長 177
体重 71

関西大学時代は、阪神に入団した村山実さんとバッテリーを組んでいた。

関西六大学リーグで優勝4回と活躍し、1959年に広島カープに入団。

1年目から1軍出場を果たしたのだが、肩を壊し、現役生活はわずか3年という短いものだった。

現役時代の成績は、121試合に出場し、56安打、2本塁打、17打点、打率.218。

引退後はすぐに、広島のコーチを務め、1971年、阪急に移籍。

監督としての成績は、

  • 1975年、就任2年目で阪急初の日本一
  • リーグ5度の優勝(4連覇を含む)
  • 日本シリーズ3連覇

1322勝1136敗116分け、勝率.538で、勝数は歴代7位。

阪急ではこのような好成績を収め、「名将」と呼ばれた。

指導した主な選手は、

  • 佐藤義則
  • 福本豊
  • 山口高志
  • 山田久志

1981年に復帰したものの、90年に退団。日本ハムの監督を、95年から5年間務め、ユニフォームを脱いだ。

2003年には野球殿堂入りしている。

語り草となっているのが、「審判への1時間19分もの猛抗議」。

これは、1978年のヤクルトとの日本シリーズの最終第7戦で起こった。

上田利治

大杉勝男さんの放った左翼ポール際への本塁打。

上田さんは「ファールやろ」「審判変われ」と長時間も抗議を続けた。コミッショナーが激怒する上田さんに頭を下げ、やっと、試合が続行されたようだ。

信じられないほど長い、この中断時間は、シリーズ史上最長。結局、この試合に敗れて、シリーズ4連覇はならなかった。

上田さんの口癖といえば、やはり「ええで、ええで」

選手を褒める際は、よくこの言葉を使っていた。

最後に

阪急(現オリックス)や日本ハムの監督を務めた、上田利治さんが亡くなったことで、多くの人が悲しみに暮れていることだろう。

プロ野球界では、つい先日、1軍投手コーチをされていた森慎二さんが亡くなったばかりだというのに・・・。

上田さんのお別れ会については、今のところ開かれるのか決まっていないようだ。

訃報によるネットの反応では、悲しむ言葉が多かった。

私自身も突然の訃報で驚いているが、上田さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

[関連記事]

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930